• イベント
  • 国際交流

ミャンマーの日本語ビジネス情報誌『MJビジネス』に掲載

11月28日に、ネピドーの保健・スポーツ省で調印したヤンゴン医療技術大学(University of Medical Technology, Yangon)との大学間学術交流協定に関するニュースが、ミャンマーの日本語ビジネス情報誌『MJビジネス(ミャンマージャポン)』(2019年1月号)に掲載されました。


これまで東亜大学とヤンゴン医療技術大学のあいだでは、医療学部医療工学科の楢村友隆准教授がヤンゴン医療技術大学の客員教授として臨床工学の授業をおこなうなどの交流をおこなってきました。


今後、今回の協定調印によってミャンマーにおける臨床工学分野の人材育成を協力しておこなうことになります。


調印式には、ヤンゴン医療技術大学のThaingi Hlaing総長、ヤンゴン医療技術大学理学療法学科長のMyo Thuzar Khin准教授、保健・スポーツ省人材局のTin Tin Lay局長らが出席。東亜大学からは、東亜大学ASEANセンター所長代理の平松隆円准教授が参加しました。

調印式後の意見交換では、Tin Tin Lay局長より「ミャンマーでは、臨床工学技士の人材育成が遅れており、ぜひ東亜大学が中心となってミャンマーにおける臨床工学技士の養成に協力して欲しい」と要請がありました。今日のミャンマーでは、乳幼児の死亡率、妊産婦死亡率、感染症有病率 が高いという状況に加え、急速な社会経済の発展により、生活習慣病や交通事故なども増加傾向にあります。そこで、臨床工学分野のみならず、東亜大学が医療学部で有する救急救命(医療工学科)や食品衛生(健康栄養学科)の分野にも、ミャンマーの発展のために力を貸して欲しいという申し出がありました。