通信制大学院(修士課程)
人間科学専攻

教員紹介授業科目・講義概要入試概要学費資料請求

人間の創造的未来を、多分野の総合的視点と専門的研究から追及

人間科学専攻は、人間学分野(倫理学・心理学)、東アジア文化研究分野(文化人類学・考古学・歴史学・地理学)、健康・スポーツ科学分野、看護・医療安全科学分野から構成されています。各分野に所属して専門性を追求しつつ、横断的に相互の分野を学ぶことによって、過去、現在にわたって「人間とは何か」を普遍的に考える能力を養うことを特徴としています。

 

看護・医療安全科学分野(2018年4月スタート)

現職の看護師・その他の医療従事者を対象に「看護・医療安全科学分野」を2018年4月に新設スタートしました。高度な人間科学と看護学の両面から、「安心・信頼・感謝」を軸として、いのちの誕生から終末期まで患者・家族のこころに寄り添える、『深い人間理解に根ざした看護のスペシャリスト』を養成します。

・働きながら修士の学位取得が可能、いつでもどこでも自分のペースで学べる通信制大学院です

・4年生大学を卒業していない方でも大学院で修士(人間科学)が取得可能。
 ※本大学院の事前審査により「大学を卒業した者と同等以上の学力がある」と認められる者
 事前審査の詳細は通信制大学院案内・募集要項に記載しています。資料請求はこちらから

 また、お電話でお気軽にお問い合わせください083-256-1111(代表)担当:大学院事務室

 

修了要件

・標準修業年限の2年は在学すること。
 (ただし、4年を超えて在学することはできない。)
・選択科目から6科目24単位および特別演習(スクーリングと修士論文指導)6単位の合計30単位を修得すること。
・修士の学位論文を提出し、論文審査と最終試験に合格すること。

 

ブロードバンド放送授業と単位認定

・授業はインターネットによるブロードバンド放送で配信する放送講義で行う。
・1科目の講義時間は、1回50分の講義15回分とする。
・1科目の講義は年間で指定された2ヶ月配信され、その期間は24時間いつでも、また何度でも視聴可能である。
・授業科目の単位は、視聴期間中に課されるレポートの評価およびスクーリング参加により認定される。
・レポート課題の通知は原則として、通信制専用ホームページの掲示板で通知される。

 

スクーリング(参加必須)

・人間科学専攻のスクーリングは下記要領にて行われる。
・期日:1年次 
     スクーリング:8月と11月に各1回、土・日
    2年次
     スクーリング:5月、8月、11月に各1回、土・日
      ・場所:東亜大学(下関)