芸術学部 担当教員の紹介

学科一覧

  

芸術学部アート・デザイン学科

■教授

大久保 裕文大久保 裕文  おおくぼ ひろふみ
博士(九州大学 芸術工学)、1級建築士 技術士(建設部門 都市及び地方計画)

 

 

 

九州芸術工科大学大学院修了(現、九州大学)。九州大学、佐賀大学、北九州市立大学、九州産業大学などで建築デザイン、都市デザイン、都市政策論に関する非常勤講師を歴任。「ゼンリンテクノセンター(建築)」で北九州市建築文化賞(設計)及び北九州市都市の色彩賞(設計関連)、「鹿児島県大口スクウェア(公園)」で建設省全国街路事業コンクール特別賞(設計関連)などを受賞。


清永 修全清永 修全  きよながのぶまさ
博士(哲学)

 

 

 

ハンブルク大学大学院修了。ドイツ連邦共和国マーティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク校を経て現職。専門は、帝政期ドイツにおける芸術文化政策、現代ドイツにおける芸術教育論の諸相。主な著作に『Alfred Lichtwark Kunsterziehung als Kulturpolitik』(Kopaed-Verlag)など。


金田 晉金田 晉  かなたすすむ
大学院研究科長、博士(文学)

 

 

 

広島大学名誉教授。財団法人蘭島文化振興財団顧問、蘭島閣美術館名誉館長、ひろしま美術館理事などを歴任。2004年に第61回中国文化賞(中国新聞社)、2008年に広島教育賞(広島県教育委員会)、2010年に地域文化功労者(文部科学大臣表彰)を受賞。主な著作に『芸術作品の現象学』(世界書院)など。


川野 裕一郎川野 裕一郎  かわのゆういちろう

 

 

 

 

東京芸術大学大学院修了。国画会会員。絵画表現を主として空間意識表現を主に平面絵画の可能性と空間意識の展開、視覚的な差異による感覚の表現がテーマ。


■准教授

デール・スティールデール・スティール

 

 

 

 

アメリカ・ウィスコンシン大学大学院修了。2004年に第45回北九州芸術祭で北九州市長賞を受賞。専門は、版画や絵画。


久澤  謙二郎久澤 謙二郎  ひさざわけんじろう
学科長

 

 

 

東京芸術大学卒業。専門は、ビジュアルコミュニケーション。新下関市合併10周年記念プロジェクションマッピングの映像コンテンツ制作監督などを務める。


■客員教授

橋本 英治橋本 英治 はしもと・えいじ

西南学院大学卒。

 

 


■客員准教授

伊東 丈年伊東 丈年 いとう・たけとし
九州芸術学館山口校代表、山口県景観アドバイザー

 

 

   

芸術学部トータルビューティ学科

■教授

北村 章北村 章  きたむらあきら
博士(農学)

 

 

 

鳥取大学大学院修了。フマキラー株式会社開発研究室室長を経て現職。専門は植物の香り、香粧品科学。


櫛田宏治櫛田 宏治  くしだこうじ
学長、博士(美術)、臨床美術士

 

 

 

東京芸術大学大学院修了。フジテレビ編成局嘱託デザイナー、女子美術短期大学非常勤講師を経て現職。専門はグラフィックデザイン、イラストレーション。高齢者介護の現場にアート制作を導入する新しいプログラムにも挑戦している。


桜木孝司桜木 孝司  さくらぎこうじ
芸術学部長、博士(経営学)

 

 

 

高千穂大学大学院修了。元全日本美容連合会広報部長。立教大学経済学部兼任講師、嘉悦大学、学習院大学経済学部非常勤講師等を経て現職。専門は経営学。主な著作に『国際ビジネスマンの誕生』(東京堂出版)、『流通システムの国際比較史』(文眞堂)。


■准教授

上薗俊和上薗 俊和  うえぞのとしかず
博士(学術)、臨床心理士、TIFI(The Focusing Institute)認定フォーカシングトレーナー

 

 

東亜大学大学院修了。病院臨床(主に高齢者)、学生相談室カウンセラー、北九州市スクールカウンセラーを経て現職。専門は臨床心理学。


塩田寿美子塩田 寿美子  しおたすみこ

 

 

 

福岡教育大学大学院修了。専門は日本語教育学。


平松隆円平松 隆円  ひらまつりゅうえん
学科長、博士(教育学)

 

 

 

佛教大学大学院修了。国際日本文化研究センター機関研究員、京都大学ベンチャービジネスラボラトリー研究員、タイ国立チュラロンコーン大学専任講師、タイ国立スアンスナンター・ラチャパッド大学専任講師等を経て現職。専門は化粧心理学や化粧文化論など。日本繊維製品消費科学会学会奨励賞、京都文化ベンチャーコンペティション日本経済新聞社賞などを受賞。主な著作に『化粧にみる日本文化』『黒髪と美女の日本史』(ともに水曜社)など。


■講師

藤定 早苗藤定 早苗  ふじさださなえ

 

 

 

東亜大学大学院修了。大手美容室スタイリスト、都内美容専門学校教員を経て現職。専門は美容理論。


■客員教授

市川秀雄市川 秀雄  いちかわひでお
指定訓練校広島ヘアデザイン学院校長

 


岡 健太郎岡 健太郎  おかけんたろう
Amica代表取締役

 

 


久保華図八久保 華図八  くぼかずや
バグジー代表取締役

 

 

 

元ヴィダルサスーン・ディレクター喜田修二のもとサロンワーク、トレーニングをおこなう。ニューヨーク・ミラノ・パリなどで経験を積み、1989年JESNA HAIR GROUP設立。2009年「ハイ・サービス日本300選」、2013年「おもてなし経営企業選」を受賞。


品川カズ品川 一治  しながわかずはる
トボガンInc.代表取締役、クリエイティブプロデューサー

 

 

 

 

ロサンゼルスにてKaz Coordination Inc.を設立し、プロデューサーとして活躍。経験と人脈で不可能を可能にする。頼まれたらNOとは言わず、広告プロモーションの企画立案、映像プロデュース、インターネットビジネスの運営をおこなう。格闘ゲーム『The King of Fighters』スマホ版のCM、Avril Lavigne のミュージックビデオ「Hello Kitty」などを手がけている。


新谷哲男新谷 哲男  しんたにてつお

 

 

 

広島修道大学大学院修了。元本学教授。専門分野は経営学、ベンチャービジネス論。


藤井誠史郎藤井 誠史郎  ふじいせいしろう
博士(薬学)

 

 

 

元資生堂研究員、元CBRC副所長。専門は、香粧品科学。


古里オサム古里 オサム  ふるさとおさむ
株式会社オブ代表取締役、株式会社オブ・コスメティックスCEO

 

 

 

サロンワークを中心に、一般誌、業界誌の撮影、ヘアーショー、セミナーなど多岐に渡って活躍。DAVID PURVESの東京コレクションとパリコレクションのヘア・メイクを担当。


本田誠一本田 誠一  ほんだせいいち
全理連中央講師会幹事長、髪工房ホンダ代表取締役

 

 

 

厚生大臣表彰厚生大臣賞、黄綬褒章等を受賞。厚生労働大臣表彰卓越技能章「現代の名工」に選ばれる。


■客員准教授

石田 結実石田 結実  いしだゆみ
カラーコーディネーター、カラーセラピスト、伝統色彩師  

 

 

 

 

 

京都で260年以上続く絵の具専門店「上羽絵惣」の10代目として、除光液を使わずに落とせる優しいマニキュア「胡粉ネイル」を開発。日本政策投資銀行女性起業家優秀賞など、数々の賞を受賞。


Coco CaiCoco Cai  ここさい
五感心理学美容研究者、国家高級美容師(中国)、国家心理諮問師(中国)

 

 

 

早稲田大学大学院修了。日本のファッション誌「Luci」(扶桑社刊)の中国語版の編集業務に携わりながら、中国国内で資生堂の社内教育の通訳やコンサルティングとして活躍。P&G社でSK-IIの中国全土の美容部員に対する教育教材の作成からカウンセリングのコーチングなど、マーケティング担当として、同商品の大ヒットのきっかけを作る。


鈴木 礼子鈴木 礼子  すずきれいこ
株式会社レイナチュラル代表取締役社長

 

 

 

化粧品メーカーとして、商品企画・開発、マーケティング、 PR をおこなう。 日本国内のバラエティショップやドラッグストアだけではなく、台湾やタイでも商品販売。


タブタカヒロ多武 高博  たぶたかひろ
外資系コンサルティングファーム マネージャー、はたらく女性のかていきょうし

 

 

 

英国国立ウェールズ大学院経営学修士(MBA)。外資系婦人肌着メーカー、外資系スポーツブランドを経て現在は外資系コンサルティングファーム に勤務。平日に企業向けのコンサルタントとして働くかたわら、週末に働く女性への個人コンサルティング(かていきょうし)をおこなっている。気軽なおしゃべりを通して女性の想いを聴き出し、分かりやすく整理する「かてきょ」スタイルと、女性向けにデザインした新しいフレームワーク「しごとのお作法」が、はたらく女性に好評。『はたらく女性のかていきょうし タブタカヒロ


本田真一本田 真一  ほんだまさ
AVEDA JAPANクリエイティブ・ディレクター

 

 

 

Peter Gray氏に師事。Vivienne west wood、Paul Smith、HERMESなど100本以上のメゾンコレクションをTeam director として担当。


ミネシンゴミネ シンゴ  みねしんご
美容師、編集者、合同会社アタシ社代表社員

 

 

 

東京、神奈川で美容師を経験後、月刊『Ocappa』(髪書房)や『ホットペッパービューティー』 (リクルート)の編集・営業を経て、現在は合同会社アタシ社代表社員として、美容文藝誌『髪とアタシ』の編集に従事。


柳家東三楼柳家 東三楼  やなぎやとうざぶろう  
落語家    

 

 

 

三代目柳家権太楼に入門。2014年、真打昇進「三代目・東三楼」を襲名。岡本マキ賞や第71回文化庁芸術祭新人賞を受賞。古典落語はもとより、近年は新作落語やロシアの作家の作品を翻案し落語化している。また、日本国内のみならず、英語による落語をアメリカやカナダなどでもおこなっている。