社会人長期履修生入学制度

本大学院 博士前期課程では、社会人長期履修生入学制度を設けています。通常2年のところを3年もしくは4年にわたり通学し、修士の学位取得を目指すものです。働きながら、家事をしながら単位を取得することができます。

 

出願資格

(1)申告した3年間又は4年間で計画的に履修し、修士の学位取得を目指す者
(2)入学時22歳以上である者
(3)4年制大学を卒業したかあるいは同等以上の学力を有すると当大学が認めた者
(4)社会人であるかあるいは社会人の経験を有する者
(5)在学途中で履修期間の短縮は認めない

 

学費

学費は、通常入学生が修士の2年間で納める額(学費その他納入金、参照)を、3年あるいは、4年で納めていただくことになります。通常2年間の学費で3年あるいは4年間の在学をすることができます。自分の仕事や生活のペースに合わせ在学期間を決め、学習の機会を持つことが可能です。 ※詳しくは、学生募集要項をご参照ください。

 

社会人の入学者を歓迎します

東亜大学大学院では社会人の入学者を歓迎します。働きながら、もしくは、他分野の職に就きながら勉強をしてみたいという社会人の方を専攻として積極的にサポートしたいと考えています。入学や入学後の学習に関するお問い合わせや相談も随時お受けしています。どうぞお気軽にお尋ねください。