東亜大学ASEANセンター

東亜大学は2016年に、タイ国立スアンスナンタ・ラチャパッド大学(Suan Sunandha Rajabhat University)と協定を締結しました。それにあわせ、東亜大学の初の海外拠点として東亜大学ASEANセンター(UEA ASEAN CENTER)を、タイ王国バンコク都内に開設しました。東亜大学は、バンコクに駐在事務所を設置している日本の大学としては、44校目にあたります。

 

東亜大学ASEANセンターは、東南アジア地域を主たる対象に、次の5つを主な活動目的としています。

 

1. 教員および学生の交流支援(交換留学、短期・長期留学)

2. 人材育成(インターンシップの受け入れならびに派遣、企業の人材育成)

3. 産学連携による国際共同研究(企業-東亜大学-大学)

4. 企業コンサルティング

5. 情報収集

 

現在では、海外拠点である強みを生かし、東南アジア地域に限定せず、南北アメリカやアフリカ、オセアニア地域でも活動をおこなっています。

 

 


連絡先

東亜大学ASEANセンターは駐在事務所ですが、当面は現地に常勤の教職員を配置せず、春や夏の学期休暇期間などを利用して、平松隆円准教授が滞在しています。東南アジア諸国への企業進出に関するコンサルティングやインターンシップ派遣のご相談、受託研究、共同研究等のお申し込みを受け付けていますので、お気軽に声をお掛けください。

東亜大学事務局 083−256−1111(代表)

日曜祝日・学休期間をのぞく8:30から17:30

asean @ toua-u.ac.jp


 

 

東亜大学ASEANセンターへの寄付

東亜大学ASEANセンターでは、学術研究や教育等の充実・発展のために寄附をお願いしています。東亜大学創立以来築いてきた「国際的な場で学際的な研究や教育を行い、他人のために汗を流し、一つの技術を身につけた人材の養成」を継承、発展させつつ、アセアン(東南アジア)地域における教育・研究、医療提供を通じて、これからも社会に貢献していきます。本センターの各種活動にご支援いただきますようお願いします。

寄附申込書(PDF)

 

 

在タイ大学連絡会

東亜大学ASEANセンターは、在タイ大学連絡会(Japanese Universities’Network in Thailand (JUNThai))に加盟しています。

 

在タイ大学連絡会は、大学の国際化推進を背景にして、現在、50以上の日本の大学がタイに現地事務所を設置し、活動を展開していることから、これらの事務所間の情報交換、活動の相互連携、現地に勤務する教職員の親睦を図るために設置されたものです。

 

この連絡会は、在タイ日本国大使館、日本学術振興会(JSPS)バンコク研究連絡センター、日本学生支援機構(JASSO)、国際交流基金(The Japan Foundation)、科学技術振興機構(JST)など公的機関をオブザーバーとし、タイに駐在事務所を有する大学によって構成され、以下を目的として活動しています。

 

1.タイと日本の大学の学術交流などの相互協力における諸課題や喫緊の課題に対する情報交換・共有

2.タイの大学等学術機関の動向や活動について学ぶ機会を得ること

3.現地における教職員の親睦と豊かで充実した生活を送るための交流

4.大学間における相互の連携や協力

5.学生交流や留学生の募集に関する情報交換

6.タイ国内の大学等に対する日本の大学の連絡先案内

 

東亜大学は、2017年4月から2018年3月まで幹事校を務め、2018年9月より2019年8月まで(2度目)、2019年9月から2020年3月まで(3度目)、2020年4月から2021年3月まで(4度目)に続き、2022年3月まで(5度目)の幹事を担当しています。

在タイ大学連絡会に関してご質問などは、お気軽にお問い合わせください(asean @ toua-u.ac.jp)。

 

 

ミャンマー人材育成支援産学官連携ぷらっとフォーム

東亜大学ASEANセンターは、日本・ミャンマー間の国際関係の発展に資するため、日本への留学及び日本企業への就職の促進等を通じたミャンマー高度人材育成支援のための産学官連携協力の枠組みを形成し、情報共有及び情報発信を行うとともに共同事業を創出することを目的に設立されたミャンマー人材育成支援産学官連携ぷらっとフォーム(Myanmar-Japan Platform for Human Resource Development)に加盟しています。