通信制大学院アドミッションポリシーはこちら >>

 

大学院アドミッションポリシー

大学院総合学術研究科 博士前期課程・博士後期課程

医療科学専攻

<博士前期課程>
本専攻では、コメディカルスタッフとして医療に貢献する意欲のある国内大学・海外大学の出身者にくわえ、社会人を受け入れる。
<博士後期課程>
研究対象に対し強い探究心を持ち博士前期課程を修了した者のほか、病院・研究機関・大学等の職員、研究員、教員等として一定の研究実績がある社会人を受け入れる。

 

人間科学専攻

<博士前期課程>
本専攻では、以下のような学生を受け入れる。
1.人間の心と体に関する諸問題に対し、常に高い関心を持っている人
2.人間の心と体に関する問題点を自ら見出し、その解明、解決に向けて、意欲的計画的に研究しようと考える人
3.国内大学・海外大学を卒業したものにくわえ、人間を総合的にとらえる視点を確立し、もって自らの立脚する職場や社会に広く貢献することに意欲的な社会人
<博士後期課程>
1.人間の心と体に関する諸問題に対し、常に高い関心を持っている人
2.人間の心と体に関する問題点を自ら見出し、その解明、解決に向けて、意欲的計画的に研究しようと考える人
3.博士前期課程を修了した者のほか、企業・研究機関・大学等の職員、研究員、教員等として、人間に関わる研究・教育に関わった経験があり一定の実績を上げた社会人

 

デザイン専攻

<博士前期課程>
総合的な思考を養い、デザイン・美術のための哲学や知識及び歴史を研究することを目標に本学、他大学の芸術系の卒業生、民間企業、外国人留学生、一般社会人など多様な人材を受け入れる。
<博士後期課程>
現代芸術及びデザイン・美術のための次元の高い哲学や知識及び歴史を研究することを目標に本学、他大学の芸術系の卒業生、民間企業、外国人留学生、一般社会人など多様な人材を受け入れる。

 

臨床心理学専攻

<博士前期課程>
心理的支援を行う高い志を持ち、自己理解や他者理解を行うことに強い関心があり、向学心を強く持つ者を受け入れる。臨床心理現場で公認心理師・臨床心理士として専門的な支援ができる資質を重視する。他大学卒業者、及び社会人にも積極的に門戸を開いている。
<博士後期課程>
公認心理師・臨床心理士の養成の教育者として高い学識を持ち、研究能力及び臨床能力を有し、専門家養成において教育的に力を発揮できる者を受け入れる。入学選抜は、口頭試問により行い、これまでの研究業績及び、研究遂行能力の審査行う。他大学出身者、及び、社会人にも積極的に門戸を開いている。

 

通信制大学院総合学術研究科
法学専攻

<博士前期課程>
の職に就いている。しかし、自ら選択しかなりの競争率を突破して本学に入学した入学者がこの機会を最大限に有効に利用するには、入学者は、大学院生として積極的に学問研究をするという意志と姿勢を保ち続けることが必要である。過去に現状に妥協し修士論文を完成できずに退学したいくつかの不幸な例がある。
次に、法律学は、概念、論理構成などにおいて、日常生活のそれとはやや異なり理解し難いところがある。そこで、法律学の勉学においては、法律用語(概念)、法律の論理の組み立て(論理構成)などについて理解し、習熟し、自ら法律的分析と法律的構成ができるように心がけておくべきである。良い論文を完成するには、法的思考能力を涵養しておかなければならない。
通信制大学院であるために、日常的に指導教授の指導を得られないというマイナスがあるが、スクーリングやインターネットを最大限に活用してマイナス面をプラスに転ずるようにして欲しい。そのような例は少なくない。

 

人間科学専攻

本専攻では、以下のような学生を受け入れる。
1.人間を取り巻く諸問題に対し、常に高い関心を持っている人
2.人間を取り巻く諸問題から、自らの専門的知識に基づいて新たな課題を析出し、意欲的計画的に研究しようと考える人
3.国内大学・海外大学を卒業した者にくわえ、人間を総合的にとらえる視点を有し、もって自らの立脚する職場や社会に広く貢献することに意欲的な社会人

デザイン専攻

高度情報化、環境問題などさまざまな諸相を示すデザイン・美術の環境の中で総合芸術を網羅した社会に提起、発表出来る人材の育成を目指すことを目標に本学、他大学の芸術系の卒業生、民間企業、外国人留学生、一般社会人など多様な人材を受け入れる。