アスリートになる、そして育てる。

スポーツ健康学科アスリート養成コース

優秀な成績をおさめただけでは一流のアスリートにはなれません。同時に、「ひと」としてどうあるべきかが問われます。日本スポーツ界のトップアスリートを目指す学生と、それを育てる教員・コーチを目指す学生がともに同じ空間・環境で学ぶことにより、心のあり方やおもいやりといった人間性を育みながら学ぶことができます。

こんな夢を実現したいひとへ
  • トップアスリートとして活躍したい
  • トップアスリートを育てたい
  • オリンピック競技に関わる仕事がしたい
  • プロスポーツに関わる仕事をしたい

スポーツ医科学実習の風景

トレッドミルを利用して、女子長距離選 手の走るスピードと心拍数および主観 的強度から適正スピードを推測します。 また、運動中の呼気を採取することに より、糖質および脂質エネルギーの利 用率を推定し、個々人の効率的なペース 配分を把握します。
どんな資格・免許が取得できる?
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 社会調査士
  • レクリエーションインストラクター
  • 日本体育協会公認スポーツ指導者(スポーツリーダー、スポーツプログラマー、アシスタントマネージャー)
  • エアロビック指導員(日本体育協会)
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • など
卒業後の進路は?
  • 中学校教諭
  • プロアスリート
  • スポーツトレーナー
  • フィットネスインストラクター
  • レクリエーションインストラクター
  • 健康運動指導士
  • 障害者スポーツ指導員
  • 高等学校教諭
  • 実業団アスリート
  • スポーツインストラクター
  • 健康運動実践指導者
  • など
コースの特色は?

部活動と学業を両立しながら資格・免許を取得し有利な就職を目指します!

  • 練習や遠征試合に配慮した カリキュラム
    日本代表など、世界レベルで活躍する学生たちは、ときに海外遠征も。練習や試合に積極的に参加しても、様々な資格を取得し、4年で卒業できるカリキュラムになっています。
  • トレーニング・戦術について専門的に学ぶ
    選手としての一線を退いたあとでも、コーチや監督として活躍できるよう「指導者育成論」などの授業でトレーナーとして知識を習得します。
  • 学びながら 目標を決められる
    アスリートとしてプロチームや実業団で活躍するだけで はなく、公務員を含むスポーツ関連企業へ就職したり、保健体育の教員になれるよう、学べる科目や目指せる資格を多彩に用意しています。