ホーム > 通信制大学院 > デザイン専攻 > 通信制大学院総合学術研究科 デザイン専攻

通信制大学院総合学術研究科 デザイン専攻

デザイン専攻

総合的な思考や創造性を培い、未来社会の要請に応える。

本専攻では、学部卒業生とともに広く現場で活躍するデザイナー、デザイン教育者や美容科学の研究者を対象として教育と研究指導を行う。その目的は、総合的な思考や創造性を培い、未来社会の要請に応える人材を育成することである。そのためデザイン専攻における教育研究領域をデザインのための哲学や歴史を学ぶ「美学・美術史分野」、働く環境や住まう環境を考察し設計していく方法や考え方を学ぶ「建築・環境分野」、生活機器のデザインや空間造形などを学ぶ「立体・空間デザイン分野」、視覚デザインを含む平面表現と映像表現を学ぶ「視覚情報デザイン分野」、美容を知と感性の領域から考え学ぶ「美容科学分野」について教育、研究指導を行っている。また学生は、個人の専門性を深めていく中で、分野間、または専攻間の授業を横断的に取得することによって総合的な考え方を養うことが出来る。

 

専攻の目的

デザイン専攻は、高度情報化、環境問題などさまざまな諸相を示す今日のデザインを取り巻く環境を踏まえ、デザインを多角的に把握することで、総合的な思考や創造性を培い、未来社会の要請に応える人材を養成することを目的とする。

このページのトップへ