ホーム > 医療学部 > 医療工学科

医療工学科

医療工学科

進路選択

保健・医療・福祉の分野において、他の医療人などと協同して活動することができる、実践的応用力を備えた人材を養成します。

 

 

学科長からのメッセージ

医療工学科 学科長  山田 寛 やまだ・ひろし

 医療工学科は日々発展していく医療に貢献できる人材の育成を目指して教育を行っています。本学科に入学した皆さんは, 臨床工学技士または救急救命士の国家資格取得または認定動物看護師や博物館学芸員などの資格取得を目指すわけですが, 資格取得が最終目的であるわけではありません。資格を取得し社会に出たのちも, 日々急速に進歩していく医療に柔軟に対処できなければいけません。そのためには, 大学時代に専門だけではなく,広い教養と基礎的な学力を身につけておく必要があります。そのため,医療工学科では専門教育だけではなく,基礎教育に力を入れており, 最新の医学的知識を背景に実践的応用力を備えた人材の養成を目指し絶えずカリキュラムの改定を行ってきました。

 医療工学科には臨床工学技士を目指す臨床工学コースと救急救命士を目指す救急救命コース、そして、認定動物看護師を目指す獣医看護学コースを設置しています。3つのコースを設置していることのメリットを生かして, 自分が属していないコースの基礎的講義も受講し幅広い知識を身につけることができます。例えば, 臨床工学コースの学生も, 救急救命の基礎的知識を身につけることができるだけでなく, 将来, 救急救命士になるであろう学生と机を並べ勉強することにより,医療現場でチーム医療の一員として他の職種とのスムーズな連携が可能になるだけでなく, チーム医療の中での自分のポジションを実感できるというメリットもあります。救急救命士、動物看護師を目指す学生にも同様の事が言えます。

 さらに,医療工学科では病院のIT化にも対応できるように,電子カルテなどの医療情報の教育にも力を入れており, 将来重要になるであろう医療情報技師資格取得のための支援も行っています。

 皆さんは3つのコースのうちの1つに属し,それぞれのコースの専門科目を学び資格取得を目指すわけですが, 高校時代に選択した科目がそれぞれの人で異なっていると思いますが,心配はいりません。医療工学科では基礎科目である数学,化学,生物,物理の4科目についてはそれぞれの高校時代の履修状況と学力の違いを考慮して,少人数クラスを編成し,クラスごとに学力に応じた講義を行うことにより全員が無理なく必要な基礎知識を身につけられるようにしています。 

 

コース紹介

臨床工学コース

臨床工学コース

医学と工学を学び病院実習で最先端の医療に触れ、医療現場で貢献できる医療機器のエキスパートを目指します。


 

救急救命コース

救急救命コース

現場経験豊かな救急救命士による実技指導を受け、緊急時に迅速かつ的確な判断・行動ができる力を身につけます。


 

獣医看護学コース

獣医看護学コース

動物愛護の精神から、動物と人・環境・社会をつなぐ動物医科学及び医療機器の専門家を育成します。

 

学びのフロー

医療工学科

 

免許・資格

取得できる免許・資格

臨床工学技士(国家試験受験資格・厚生労働省)
救急救命士(国家試験受験資格・厚生労働省)
認定動物看護師(動物看護師統一認定機構)
博物館学芸員(国家資格・文部科学省)
警察犬訓練士補(日本警察犬協会)

目指せる資格

第1種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
第2種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
医療情報技師(日本医療情報学会)

主な進路

病院
消防
警察
国家・地方公務員
動物病院
動物園・水族館
医療機器メーカー
大学院進学

このページのトップへ