ホーム > 医療学部 > 救急救命コース

救急救命コース

救急救命コース

「人を救いたい」「絶対にあきらめない!」
そんな熱い気持ちを土台にし、たしかな専門知識と技術を身につける。

 

救急救命コース

 救急救命士とは救急車等に乗って病院に到着するまでの間に、病気やけがで苦しんでいる人に対して救急救命行為を行う人のことです。病院に搬送するまでの間であれば、電気ショックをしたり、点滴をしたり、呼吸を助けるためにチューブを気管に挿入することなどの医療行為が認められています。
 以前は心肺停止の傷病者のみに医療行為が認められていましたが、近年では重篤な患者には点滴ができるようになり、また、投与できる薬剤も増えたりと、より高度な処置ができるようになりました。
 本コースでは医療専門職としての豊かな人間性と確かな医学知識、高い実践能力を基本からしっかり身につけます。現場経験豊かな専任医師や消防職経験の救急救命士、公務員対策専門教員等による深くきめ細かい教育を実施しています。

 

救急救命コース学生インタビュー

 

 

救急救命コースの特徴

●救急救命士(国家資格)取得を目指します。
 (卒業年次に救急救命士国家試験を受験できます。)

●医師を専任教員として設置しています。幅広い医学知識を得ることができます。

●西日本一の実習器材を誇る救急救命実習室にて、臨場感のある学内実習を1年次から実施しています。
 消防職経験のある専任救急救命士が教官です。最新鋭のシミュレーション器材を配置しています。

●学内実習だけでなく、提携医療機関や救命救急センター、各種機関における学外実習を2年次から実施しています。

●最新の救急医学を学ぶため2年次にアメリカ研修を実施しています。

●公務員試験対策も1年次から充実しています。公務員合格のために専任教員があなたをバックアップ。
 公務員対策講座は授業料に含まれているため、他の予備校に通う必要はありません。
 公務員試験は最高難度である上級職(大卒程度)試験の合格を目指します。

●クラス担任制を実施しています。大学では珍しく、1学年に1人の担任があなたの大学生活をサポートします。

●消防職員には危険物取扱者資格取得が求められますが、その最高難度である甲種危険物取扱者の受験資格が得られます。

●各種ボランティア活動に参加することができます。
 (下関海峡マラソンAED隊 レノファ山口救急スタッフ 福岡メディカルラリー傷病者役 心肺蘇生法講習の講師等) 

●大学生としての論理的思考力を養い、卒業時には卒業論文を作成します。

●主に大学、短大、専門学校卒業の方を対象にした3年次編入を積極的に導入しています。
 2年で救急救命士と大学卒業の資格を得ることができます。
 (詳しくはこちら)

 

カリキュラム

救急救命コース

 

授業クローズアップ

救急医学

救急医学l・ll

救急救命士に求められる医学知識の基本を学びます。からだの成り立ちや構造を理解したうえで、救急疾患について理解を深めます。あわせて救急救命士の役割と責任を学び、病院前救護のスペシャリストとしての専門知識を習得していきます。

 

 

救急医学

救急救命学通論

救急救命士法成立までの経緯や現行法の内容と今後の課題、救急救命士の処置拡大、またそれらに伴う消防関連法とともに、実際の救急業務全般について学びます。

 

 

 

救急医学

救急処置実習l-lV

救急処置は傷病者接触前から始まっています。状況を冷静に分析し、傷病者を観察します。1年生から始まる救急処置実習では、救急現場での一連の観察・判断・処置について習得していきます。少人数のグループに分かれ、傷病者役のシミュレーション人形にて繰り返し練習します。人形は1グループ1体準備しており、技術を習得できるまで何度でも練習可能な体制を整えています。

 

 

救急救命学通論

公務員対策講座

消防職員の救急救命士となるためには、公務員試験を突破しなければなりません。大学卒であれば、最高難度の上級職試験を受験する必要があります。本学では1年生から公務員試験対策を4年生次の就職試験まで一貫して実施しています。

 

 

 

資格・免許

医療系

救急救命士(国家資格)

 

その他の取得可能資格

・甲種危険物取扱者  ・潜水士  ・レスキュー3ジャパン  ・AHA BLSヘルスケアプロバイダー ほか

 

卒業後の進路

消防職員

 救急救命士が医療行為を行えるのは、病院に到着するまでの間と救急救命士法で規定されています。そのため、救急救命士の持つ知識技術を最大限に生かすための就職先は、救急車を配備している消防署です。
 全国には約60,000名の救急隊員がいて、その中に救急救命士の国家資格を持った隊員は24,000名程です。
 消防職員になるためには、救急救命士国家試験とは別に、各自治体が実施する消防職員採用試験(公務員試験)を受験し合格することが必要です。国は、高度化する救急需要に応えるため、すべての救急隊に少なくとも救急救命士が1名配置される体制を目標に救急救命士の養成と運用体制の整備を推進しています。救急救命士有資格者を優遇して、消防職員の採用区分に「救急救命士枠」を設ける自治体も増えてきました。

病院 (救命救急センター)

 ドクターカーやドクターヘリに同乗し診療の補助を行います。また、退院や転院などの際の搬送を担います。 病院内でも診療の補助を行うほか、診察を待っている患者をみて、診療の優先順位を決める「トリアージ」を実施することもあります。
 ただし、病院内では医療行為が行えないため、もどかしさを感じることもあるようです。

民間救急

 年々増え続ける119番要請に対して、救急車が不在になるケースが増加しています。通院や入院、退院、転院などの際、タクシー会社などが所有する民間救急車に乗って患者様の介助にあたります。
 ただし、救急車ではないため、緊急走行が認められていません。

 

救急救命士国家試験の合格率

平成28年3月卒(10期生)   95.8%
平成27年3月卒(9期生)   83.3%
平成26年3月卒(8期生)   73.9%

※ 本学では平成24年度から新カリキュラムを導入し、合格率が上がってきました。一部の学校でされているような「足切り」(成績不良者を国家試験受験させない)は一切行っていません。

 

就職(内定)実績

(平成28年3月卒)

【消防】
東京消防庁、福岡市消防局、新潟市消防局、安芸高田市消防本部、新居浜市消防本部、人吉下球磨消防組合消防本部、宗像地区消防本部、由布市消防本部

【警察】
山口県警察、熊本県警察、大分県警察、群馬県警察、神奈川県警察、新潟県警察

【自衛隊】
航空自衛隊

【医療機関】
宇治徳洲会病院 等

 

(平成27年3月卒)

【消防】
東京消防庁、山口市消防本部、宇部・山陽小野田消防局、北九州市消防局、堺市消防局、廿日市市消防本部、沖縄市消防本部、宇佐市消防本部、筑西広域市町村圏事務組合消防本部、加茂消防事務組合消防本部

【警察】
山口県警、福岡県警、沖縄県警、兵庫県警

【海上保安庁】
海上保安庁

【医療機関】
戸畑共立病院 等

 

(平成26年3月卒)

【消防】
諏訪広域消防組合、金武地区消防衛生組合消防本部、 沖縄市消防本部、ニライ消防本部、 直方・鞍手広域市町村圏事務組合消防本部 大島地区消防組合消防本部、 立山町消防本部、鳥取県東部広域行政管理組合消防局、西臼杵広域行政事務組合消防本部(五ヶ瀬町)、西臼杵広域行政事務組合消防本部(日ノ影町) 新居浜市消防本部、坂出市消防本部

【病院】
北九州総合病院、災害医療センター 東海大学付属病院、米盛病院、近森病院

【その他】 7名
福岡県警、自衛隊、進学等

このページのトップへ