ホーム > 医療学部 > 獣医看護学コース

獣医看護学コース

獣医看護学コース

 

動物愛護の精神から、動物と人・環境・社会をつなぐ、動物医科学、医工学、環境科学などを学びます。将来は、動物病院やクリニックなどの医療現場や、動物園、水族館、自然・環境あるいは保健衛生関連の企業や行政に関わり、人間と動物、人間と自然環境との共存をサポートできる能力を身につけます。

 

獣医看護学コース

 

 

獣医看護学コースの3つの特徴


動物のしつけとコミュニケーションについて学ぶ

毎日の飼育教育を通して人間と動物の関係、動物愛護の精神について学びます。また、しつけや衛生管理、食育に関する理論と実践を踏まえて、飼い主さんへの的確なカウンセリングを行えるコミュニケーション能力を養います。ドッグトレーナー教育の一環として、日本警察犬協会が認定する本邦初の「警察犬訓練士補」の資格取得が可能です。


 

 


高度な医療知識と技術を持った動物看護士を養成

山口大学との教育研究交流に関する協定を踏まえ、山口大学共同獣医学部及び動物医療センターとの協力で、獣医師をサポートするための高度な動物医科学の専門知識を修得し、獣医師と共に動物の治療、施設運営に関わる知識を学びます。また、「動物医用機器技術者」(本学認定資格)の取得過程で、動物病院の医用機器の原理とその運用管理について専門的に学びます。


 

 


博物館学芸員の資格取得が可能

動物学や生物学、環境科学、環境倫理、社会福祉等の学びを通して、これからの人間社会と動植物の共生について、歴史文化や、科学の視点から考えることができる能力を身につけます。そして、展示動物の基本的な考え方やスキルを学び、動物園や水族館におけるイベントや空間のデザインについて学び、企画、提案のできる能力を身につけます。

 

 

獣医看護学コースの授業ピックアップ!

犬のトリミング実習

犬のトリミング実習

大型犬から小型犬にいたる各犬種の特徴を知り、それぞれに合ったトリミングやシャンプー法の基礎と実践を学びます。さらに流行のカットや、耳や爪の手入れ法、ブラッシングのテクニックなどの技法を習得します。

 

 

動物臨床検査学実習

動物臨床検査学実習

動物の病気を調べるには、血液検査、尿検査、糞便検査、皮膚病変部の掻は検査、細胞診など顕微鏡を用いた臨床検査などが必要です。動物看護師はこれらの材料の準備のほか、標本の観察をおこない、獣医師の診断の助けをします。

 

 

 

実習犬の紹介

dogs.jpg

 

 

獣医看護学コース実習室

animalroom.jpg

 

 

獣医看護学コースで取得できる資格

認定動物看護師(動物看護師統一認定機構)
博物館学芸員
警察犬訓練士補(日本警察犬協会) など

 

 

獣医看護学コース卒業後の進路

1動物看護師、02 警察犬訓練士、03ドッグトレーナー、04トリマー、05学芸員など

 

このページのトップへ