ホーム > 医療学部 > 管理栄養コース

管理栄養コース

管理栄養コース・食品開発コース・スポーツ栄養コース

 

管理栄養コース

高度な現代医療と多様な生活文化を理解し、健康や疾病予防を視野に入れた食生活の指導ができる力を身につけます。

 

健康栄養学科には3つのコースが有りますが、管理栄養士受験資格取得を目指す管理栄養コースを主コースとします。このコースに加え、食品衛生管理者任用資格や食品衛生監視員(任用、受験資格)取得を目指す食品衛生コース、又は健康運動実践指導者を目指すスポーツ栄養コースを同時に履修することが出来ます。

健康栄養学科への編入学の改正について
栄養士養成施設指導要領の改正により、養成施設相互間においてのみ認められていた編入学、または転入学を養成施設以外からも認められるようになりましたので、短期大学卒者、大学中退者、社会人での学部、学科は問わず本学科に編入学できるようになりました。

 

 

コース紹介

  1. 疾病予防、スポーツ、介護予防を視野に入れた栄養学を中心に、実験・実習を多く組み込んでいます。(全コース)
  2. 厚生労働省の管理栄養士養成指定基準に従ったカリキュラムの他、より専門的に「医療・臨床」や「調理・食文化」、「スポーツ医科学・生理学」「食品製造・開発」について学べます。(全コース)
  3. 厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生管理者および食品衛生監視員の養成施設において、所定の専門科目を履修すれば任用資格を取得することが可能。(食品衛生コース)

 

 

資格・免許

  • 栄養士免許、管理栄養士国家試験の受験資格が取得できます。

 

 

卒業後の進路

  • 管理栄養士、栄養士
  • 医療機関職員
  • 学校栄養職員
  • 保育園、幼稚園
  • 公務員
  • 給食関係事業所
  • 行政機関、保健所、保健センター
  • 食品関係企業(食品開発、品質管理)
  • 地域スポーツクラブ
  • スポーツ関連企業
  • スポーツ関係団体
  • フィットネス施設
  • 大学院、研究所など

このページのトップへ