ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

 

体育教員を目指し、高い競技能力を引き出す指導者になるために、スポーツ科学や教育学、スポーツ心理学を学び、スポーツを科学的視点から分析できる能力を育てます。小学校教諭一種免許も取得可能です。

 

スポーツ教育・コーチングコース

 

スポーツ教育・コーチングコースの2つの特徴


コーチングスキルが身につく

スポーツ科学や教育学、スポーツ心理学などを学び、スポーツを科学的視点から分析することで、競技力向上を図り、コーチング法を習得します。


 


実践力のある指導者になれる

教育現場を想定した模擬授業のなかで、学校体育のより良い授業のあり方について考え、知識だけではなく実践力を身につけた指導者の育成を目指します。


 

 

スポーツ教育・コーチングコースの授業ピックアップ!

保健体育授業つくり論

保健体育授業つくり論

体育授業における教材、教具の役割や場の設定について理解するとともに、模擬授業を通して教材・教具を活用し、授業を展開する能力と授業省察能力を身につけます。

 

 

コーチング論

コーチング論

競技者育成プログラムの理念と実際、ジュニア期のスポーツ指導、指導者に求められるコミュニケーションスキル等について学習し、スポーツ競技者と指導者の望ましい関わり方について理解を深めます。

 

 

 

スポーツ教育・コーチングコースで取得できる資格

小学校教諭一種免許
中学校教諭一種免許(保健体育)
高等学校教諭一種免許(保健体育)
日本体育協会公認スポーツ指導者
レクリエーションインストラター
障害者スポーツ指導員
日本体育協会公認スポーツ指導者 など

 

 

スポーツ教育・コーチングコース卒業後の進路

01小学校教諭、02中学校教諭、03高等学校教諭、04スポーツインストラクター、05フィットネスインストラクター、06レクリエーションインストラクター、07レクリエーションインストラクター、08障害者スポーツ指導員、など

このページのトップへ