ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

 

一人ひとりの多様な可能性を見い出し、育てる、学校や地域社会におけるスポーツ指導のスペシャリストを目指します。

 

コースの特徴

  1. スポーツ科学や教育学、スポーツ心理学などを学び、スポーツを科学的視点から分析することで、競技力向上を図り、コーチング法を習得します。
  2. 教育現場を想定した模擬授業の中で、学校体育のより良い授業のあり方について考えます。
  3. 実習や演習形式の授業を多く取り入れることにより、知識だけではなく実践力を身につけた指導者の育成を目指します。
     

教育目的

実習や演習授業を通して、スポーツを科学的な視点から分析し、多彩なコーチング技法を身につけ、高い実践力を持った学校や地域社会における指導者となれる人材を育成します。

 

授業クローズアップ

保健体育科教育法

保健体育科教育法

体育のカリキュラム論、学習指導論、指導方略と指導技術、単元づくりと授業づくり等についての理解を深めます。保健体育科の教員に必要な優れた体育授業観および指導観の形成を図ります。

 

 

保険体育授業つくり論

保健体育授業つくり論

体育授業における教材、教具の役割や場の設定について理解するとともに、模擬授業を通して教材・教具を活用し、授業を展開する能力と授業省察能力を身につけます。

 

 

ダンス・舞踊

ダンス・舞踊I

体育の授業におけるダンスの学習内容、領域の特性を理解します。授業を行う上で必要となるダンスの基礎的技能を習得するとともに、理論やその指導法について学びます。

 

 

ダンス・舞踊

コーチング論

競技者育成プログラムの理念と実際、ジュニア期のスポーツ指導、指導者に求められるコミュニケーションスキル等について学習し、スポーツ競技者と指導者の望ましい関わり方について理解を深めます。

 

 

資格・免許

  • 中学校・高校教諭一種免許状(保健体育)の他、小学校教諭一種免許状が取得できます。
  • その他、日本体育協会公認スポーツ指導者、障害者スポーツ指導員、レクリエーションインストラクターなど多彩な資格取得が可能です。
  • コンピュータ(ワード・エクセル・パワーポイント)に関する資格取得を目指すことにより、ICTによる分析と編集、プレゼンテーション能力を養います。

卒業後の進路

  • スポーツ・健康運動の指導者
  • レクリエーションインストラクター
  • 教員(小学校・中学校保健体育・高校保健体育)
  • スポーツ関連企業・スポーツ関係団体
  • 大学院進学など

このページのトップへ