ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > 健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

 

スポーツと医療福祉、健康科学、マネジメントを融合し、健康で、生き甲斐のある生活を創造します。

 

コースの特徴

  1. 人々の健康と QoL、生活機能に関わる専門知識を深く学ぶとともに、実習・実験を通して科学的思考法を磨きます。
  2. 人の身体の仕組みや運動機能、心の働きを理解し、健康運動についての科学的視点を養います。
  3. スポーツ運営に関わる法律、行政、マーケティングを踏まえ、地域スポーツや健康づくり事業のマネジメント力を養います。
  4. 健康づくりに有効となるウォーキング、ジョギング、水泳・水中運動、エアロビックなどの実践的指導法を修得します。
     

教育目的

 スポーツ医科学や健康科学について探究し、スポーツ環境や健康づくりのための事業・運営のためのマネジメント能力を身につけ、地域・民間スポーツにおける健康維持・増進に貢献できる人材を育成します。

 

授業クローズアップ

スポーツ科学実験

スポーツ科学実験

運動を遂行するための身体機能を様々なME機器を用いて測定・評価します。最大酸素摂取量、最大筋力、無酸素パワー、身体組成、動作分析、筋電図などを計測し、自己の身体能力を知るとともにデータの分析方法やレポートのまとめ方を学びます。


 

体力測定法実習

体力測定法実習

体力とは人間のあらゆる活動の源です。中・高齢期になっても元気に過ごすために、どの程度の体力水準が必要なのかを学び、子どもから高齢者まで各々のライフステージに適切な体力の測定・評価法を実習で体得していきます。



 

レクリエーションスポーツ

レクリエーションスポーツ

レクリエーションインストラクターの資格取得に向けて、様々なニュースポーツ、ダンス、ゲームを体験し、実際に地域で開催されるレクリエーションのイベントにも参加します。「レクリエーションスポーツ論」とあわせて理論と実践の両面から指導・支援の方法を学びます。


 

トレーニング科学実習

トレーニング科学実習

健康づくりのための運動やスポーツ選手のトレーニングにおいて欠かすことのできないウォームアップ、クールダウン、ストレッチング、および種々の体力トレーニングの理論と方法を学び、それらを実際に指導する能力を身につけます。


 

資格・免許

  • 健康運動指導士、健康運動実践指導者の受験資格を取得できます。
  • 日本体育協会公認のエアロビック指導員の受験資格を取得できます。
  • レクリエーションインストラクター、スポーツプログラマー、アシスタントマネージャー、障害者スポーツ指導員などの多彩な資格が取得可能です。
  • 中学・高等学校教諭一種免許状(保健体育)が取得可能です。

卒業後の進路

  • スポーツ・健康運動の指導者
  • 民間フィットネスクラブ
  • 運動型・温泉利用型健康増進施設
  • 教員(中学校保健体育・高校保健体育)
  • 地域スポーツクラブ・スポーツ関連企業・スポーツ関係団体
  • 大学院進学

このページのトップへ