ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > 健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

 

健康科学やスポーツ医療の分野を学び、運動による健康管理の指導法を身につけ、難関資格である健康運動士や健康運動実践指導者の資格取得を目指します。人びとの健康づくりやスポーツ、病院の現場で、医療とスポーツの専門知識を持って、活躍することができます。

 

健康マネジメントコース

 

健康マネジメントコースの2つの特徴


実践的指導法が身につく

健康づくりに有効となるウォーキング、ジョギング、水泳・水中運動、エアロビックなどの実践的指導法を修得します。また、スポーツ運営に関わる法律、行政、マーケティングを踏まえ、地域スポーツや健康づくり事業のマネジメント力を養います。


 


科学的思考法を磨ける

人々の健康とQOL(Quality Of Life)、生活機能に関わる専門知識を深く学ぶとともに、人の身体の仕組みや運動機能、心の働きを理解し、健康運動についての科学的視点を養います。


 

 

健康マネジメントコースの授業ピックアップ!

体力測定法実習

体力測定法実習

体力とは人間のあらゆる活動の源です。中・高齢期になっても元気に過ごすために、どの程度の体力水準が必要なのかを学び、子どもから高齢者まで各々のライフステージに適切な体力の測定・評価法を実習で体得していきます。

 

 

スポーツ科学実験

スポーツ科学実験

運動するための身体機能を様々なME機器を用いて測定・評価します。最大酸素摂取量、最大筋力、無酸素パワー、身体組成、動作分析、筋電図などを計測し、自己の身体能力を知るとともにデータの分析方法やレポートのまとめ方を学びます。

 

 

 

健康マネジメントコースで取得できる資格

中学校教諭一種免許(保健体育)
高等学校教諭一種免許(保健体育)
健康運動指導士(受験資格)
健康運動実践指導者(受験資格)
日本体育協会公認スポーツ指導者
レクリエーションインストラター
障害者スポーツ指導員
日本体育協会公認スポーツ指導者 など

 

 

健康マネジメントコース卒業後の進路

01中学校教諭、02高等学校教諭、03スポーツインストラクター、04フィットネスインストラクター、05レクリエーションインストラクター、06健康運動実践指導者、07レクリエーションインストラクター、08障害者スポーツ指導員、など

このページのトップへ