ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > アスリート養成コース

アスリート養成コース

アスリート養成コース

 

高い目標を設定し、常に挑戦と工夫を怠らず、こころと技を磨き、明日のトップアスリートを目指します。

 

コースの特徴

  1. 硬式野球、バレーボール、駅伝、柔道、剣道など、日本のスポーツ界をリードするトップアスリートを目指す学生と、彼等を育成する教員コーチを目指す学生が共に学びます。
  2. 「競技場も一つの研究室」という考えのもと、高度な知識と分析能力をもとに、実体験によって本物の力を身につけ、スポーツを通じて豊かな人間形成を実現します。

    ※アスリート養成コースは硬式野球部、男子バレーボール部、女子駅伝部、柔道部、剣道部への入部を希望する学生を対象としています。
     

教育目的

野球、バレーボール、中・長距離走、剣道、柔道に関する総合的な知識を実践の中で学び、日本のトップアスリートを目指すとともに、様々な分野で活躍できる高い実践力と指導力を持った人材を育成します。
 

授業クローズアップ

競技者育成論

競技者育成論

専門スポーツの特徴を知り、次世代へとつながる競技者の育成について学びます。また、指導者の立場として競技に取り組むことにより、競技への理解度を高め、より効果的な実技へとつなげていきます。

 

 

専門スポーツ実技(剣道)

専門スポーツ実技(剣道)

この授業では、日本の伝統と文化に培われた剣道を正しく理解し、その中で競技者としての実力の向上を図ります。それとともに、節度ある生活態度を身につけ、自己の確立を目指します。

 

 

専門スポーツ実技(柔道)

専門スポーツ実技(柔道)

今日、中学校では武道が必修化され柔道もJUDOとして広く国際化されました。この授業では日本伝統文化の一つとしての柔道を正しく理解し、指導する能力を養います。その中で競技者としてもその実力の向上を図ります。

 

 

専門スポーツ実技(女子駅伝)

専門スポーツ実技(女子駅伝)

陸上競技女子中・長距離のトップランナーを育成するためのトレーニングの方法や技術・理論およびランニング技術等を学びます。それによって、自らの競技力の向上と全日本学生女子駅伝出場、そしてチームに貢献していくことを目指します。

 

 

ゼミ紹介

得本 啓次 ゼミ

得本 啓次 ゼミ

スポーツを究める

競技スポーツを様々な視点(科学、マネジメント、コーチング、戦略)から研究し、アスリートとは何か、競技スポーツとはどのように進んでいくべきかを追及していきます。競技スポーツを究め研究し、関心があるテーマを見つけ、卒業研究を進めていきます。

 

 

 

資格・免許

  • 中学校・高校教諭一種免許状(保健体育)が取得可能です。
  • 日本体育協会公認スポーツ指導者、レクリエーションインストラクターなどの資格取得が可能です。
  • コンピュータ(ワード・エクセル・パワーポイント)に関する資格取得を目指すことにより、ICTによる分析と編集、プレゼンテーション能力を養います。

卒業後の進路

  • スポーツ・健康運動の指導者
  • 教員(中学校保健体育・高校保健体育)
  • 実業団アスリート
  • 地域スポーツクラブ
  • スポーツ関連企業・スポーツ関係団体など

 

 

このページのトップへ