ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > アスリート養成コース

アスリート養成コース

アスリート養成コース

 

健康科学やスポーツ医療の分野を学び、運動による健康管理の指導法を身につけ、難関資格である健康運動士や健康運動実践指導者の資格取得を目指します。人びとの健康づくりやスポーツ、病院の現場で、医療とスポーツの専門知識を持って、活躍することができます。

 

アスリート養成コース

 

アスリート養成コースの2つの特徴


プロアスリートを目指せる

プロや企業のスポーツチームへの所属を目指します。日本トップレベルの選手として活躍か?期待できます。


 


教員免許も取得可能

小学校、中学校、高校の教諭一種免許状を取得し、 教育の現場に携わります。スポーツを科学的視点から分析し、学校体育のあり方を模索し指導できる力を身につけます。


 

 

アスリート養成コースの授業ピックアップ!

専門スポーツ実技(剣道)

専門スポーツ実技(剣道)

日本の伝統と文化に培われた剣道を正しく理解し、そのなかで競技者としての実力の向上を図ります。それとともに、節度ある生活態度を身につけ、自己の確立を目指します。

 

 

専門スポーツ実技(柔道)

専門スポーツ実技(柔道)

中学校では武道が必修化され柔道もJUDOとして広く国際化されました。この授業では日本伝統文化の一つとしての柔道を正しく理解し、指導する能力を養います。そのなかで競技者としてもその実力の向上を図ります。

 

 

専門スポーツ実技(女子駅伝)

専門スポーツ実技(女子駅伝)

陸上競技女子中・長距離のトップランナーを育成するためのトレーニングの方法や技術・理論およびランニング技術等を学びます。それによって、自らの競技力の向上と全日本学生女子駅伝出場、そしてチームに貢献していくことを目指します。

 

 

 

アスリート養成コースで取得できる資格

中学校教諭一種免許(保健体育)
高等学校教諭一種免許(保健体育)
健康運動指導士(受験資格)
健康運動実践指導者(受験資格)
日本体育協会公認スポーツ指導者
レクリエーションインストラター
障害者スポーツ指導員
日本体育協会公認スポーツ指導者 など

 

 

アスリート養成コース卒業後の進路

01中学校教諭、02高等学校教諭、03スポーツインストラクター、04フィットネスインストラクター、05レクリエーションインストラクター、06健康運動実践指導者、07レクリエーションインストラクター、08障害者スポーツ指導員、など

このページのトップへ