ホーム > 人間科学部 > スポーツ健康学科 > スポーツ健康学科

スポーツ健康学科

スポーツ健康学科

 

幅広い知識と教養を身につけ、学校や社会において体育・スポーツ振興、健康及び体力増進の分野で貢献できる人材を養成します。また、人体のしくみやスポーツ科学の高い専門性を有し、スポーツや運動をおこなう人の障害の予防とケア、適切な手当のできるスポーツのトレーナーとして、貢献できる人材を養成します

 

近年、スポーツと健康に関しての社会的ニーズはますます高まり、国民のスポーツ活動や予防医学を含む健康のニーズも多様化しています。これらに応えるため、本学科ではスポーツ教育・コーチングコース、健康マネジメントコース、アスリート養成コース、柔道整復コースの4コースを設置。必要な技術と知識・理論を体系的に学ぶことのできるカリキュラムで、社会で必要とされる資格制度の取得にも対応しています。中学や高校の保健体育科教員免許、小学校教員免許や国家資格である柔道整復師、障害者スポーツ指導員、健康づくり指導者に求められる健康運動指導士、健康運動実践指導者、ジュニアスポーツ指導員やエアロビック指導員を含む日本体育協会公認指導者などの資格が取得可能で、チャレンジの幅は広がります。スポーツや健康科学を通じて子どもから高齢者にいたるまで、健全な心と身体を育む力やスポーツの競技水準の向上に資する力を体得できるよう、本学科独自のプログラムを展開し一人ひとりの向上を図ります。

スポーツ健康学科長 鍵村 昌範

 

 

 

 

コース紹介

スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

充実した実習や演習授業を通して、スポーツを科学的な視点から分析し、多彩なコーチング技法を身につけ、高い実践力を持った学校や地域社会における指導者を育成します。

 

健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

スポーツ医科学や健康科学についての探究心を持ち、より良いスポーツ環境や健康づくりのための事業や運営・管理のためのマネジメント能力を身につけ、主に地域・民間スポーツの領域で人の健康維持・増進に貢献しうる人材を育成します。

 

アスリート養成コース

アスリート養成コース

硬式野球、男子バレーボール、女子駅伝、柔道、剣道に関する総合的な学問を実践の中で学び、日本のトップアスリートを目指すと共に、教育現場や社会スポーツの指導者としても活躍できる高い実践力と指導力を持った人材を育成します。

 

柔道整復コース

柔道整復コース

柔道整復師として必要な知識・技術を身につけながら、スポーツに対する理解力を持つことによって、一般人のみならず競技者の身体の故障を手当できる人材を育成します。

 

 

 

スポーツ健康学科で取得できる資格

小学校教諭一種免許
中学校教諭一種免許(保健体育)
高等学校教諭一種免許(保健体育)
柔道整復師(受験資格)
健康運動指導士(受験資格)
健康運動実践指導者(受験資格)
日本体育協会公認スポーツ指導者
レクリエーションインストラター
障害者スポーツ指導員
日本体育協会公認スポーツ指導者 など

 

スポーツ健康学科

 

スポーツ健康学科卒業後の進路

01小学校教諭、02中学校教諭、03高等学校教諭、04スポーツインストラクター、05フィットネスインストラクター、06レクリエーションインストラクター、07柔道整復師、08健康運動実践指導者、09レクリエーションインストラクター、10障害者スポーツ指導員、11プロスポーツ選手、12実業団スポーツ選手、など

このページのトップへ