ホーム > 人間科学部 > 観光文化コース

観光文化コース

観光文化コース

 

観光経営を実践的に学ぶことにより、観光産業に貢献できる知識と実務能力を身につけます。

 

観光文化コース

民間の観光産業、行政が進める観光政策や地域活性化における企画や実現にたずさわることができる知識と行動力を身につけます。また、観光および経済・経営に関する専門的知識を学び、国内・海外研修、ホテル、テーマパークなどでのホスピタリティ研修に参加します。さらに、自分たちで企画を行い、新たな観光を創造します。コースでの学びを通して、日本を訪れる他国の人々との触れ合いを深め、観光業界を中心に国際交流に貢献できる力を身につけます。

 

コースの特徴

  1. 1年次:他地域の言語や文化を学ぶと同時に、国内外への観光実習に参加したり観光学の基礎的な知識を身につけます。
  2. 2年次:短・中・長期研修に参加しさらに語学力を向上させ、観光学に関する専門的な学習を行います。また、観光資源や行政による施策を現地調査し、新しい提案をしていきます。
  3. 3年次:観光文化コースに所属し、旅行・ホテル業務に関する実務的な能力を身につけるために、観光実習を行います。また、観光事業や旅行業に関する知識を学ぶと同時に、経営・管理に関連したIT技術を身につけます。
  4. 4年次:インターンシップを行った国内外の企業とも連携を取り、積極的に就職活動を行っていきます。

カリキュラム

観光文化コース

 

授業クローズアップ

観光経営学

観光経営学(教授:古川 智)

今日、観光による国づくりや地域づくりが実現されようとしています。それを担う旅行会社、ホテル、テーマパークなどの観光ビジネスに携わる多様な企業の経営について、マネジメント、マーケティングといった経営学的な視点から学びます。

 

 

ゼミ紹介

礒永 和貴 ゼミ

礒永 和貴 ゼミ

観光と町づくり

観光と町づくりは密接な関連をもっています。美しい夕焼け、昭和の町並み、レトロな列車の旅...。何が観光や町づくりの目玉になるかわかりません。地域に住む人は、いつも同じ風景を見て、食事をしているので当たり前に思っている。その当たり前の風景や食事が、他の地域の人から見れば、美しいものであったり、美味しいものであったりするのです。現地のフィルドワークを通じて観光と町づくりの素材を探し、地域の活力を探しましょう。

 

トピックス

トピックス

海外の大学と提携を結んでいます

韓国・中国・台湾の大学と提携を結びさまざまな交流を行なっています。台湾の修平科技大学の語学研修生と国内観光実習にでかけました。秋吉台、山口県文書館の萩城下町絵図、山口市の瑠璃光寺を見学、そして湯田温泉で足湯を体験しました。薔薇の花が浮かんだ足湯で、ホスピタリティーの在り方を学びとりました。

 

資格・免許

旅行業務取扱管理者(国内・総合)

旅行会社などでツアーの企画を立てたり、新たな観光地やコースを探したり、実際に旅行の案内をしたりするために必要な資格です。日本や世界のさまざまな観光地に行くことができるとともに、観光客が求める多様なニーズに応えるというやりがいのある仕事です。

通訳案内士(通訳ガイド)

語学力に加え、日本の地理、歴史、文化といった分野の知識を持って日本を紹介する役割を負っています。海外からの観光客を案内したり、国際会議の通訳などにたずさわります。"民間外交官"ともいえる国際親善を担うやりがいのある仕事です。

地域調査士 ※申請準備中

地理学をベースとし、地域調査の知識や技術を用いて、地域の自然、社会、人文現象等を総合的にとらえる調査能力を認定する資格です。

卒業後の進路

旅行業

企画・営業・ツアーコンダクターなど

ホテル・旅館、観光レジャー施設
公務員(地域振興・観光協会など)
通訳業

このページのトップへ