ホーム > 人間科学部 > 心理臨床・子ども学科

心理臨床・子ども学科

心理臨床・子ども学科

心理学、教育学、保育学を中心として人間の心理社会的、身体的発達過程を科学的に理解し、 広く教育と人間理解に関わる知識を備えた人材を養成します。

相手の気持ちを理解し寄り添いながら、思いやりを表現することは、子ども教育や臨床の場で重要視される能力の一つです。授業を通して、仲間とのつながりの中で、相手に対する思いやりを深めるだけでなく、思いやりを言葉や表情、行動で表現するスキルを磨いて人間力を高めていってください。
本学科では、心理学と幼児・児童教育を同時に学ぶことができます。また、少人数制という特徴も持っています。この二つの特徴を生かして、学生一人ひとりに合った教育の実現に力を注いでいます。例えば心理学を学びながら保育士や幼稚園教諭、小学校教諭免許を取りたい、子どもの心の問題に対応できる先生になりたいなど、自分自身の目標を学生が達成できるよう、教員が協働して親身に指導しサポートしています。

心理臨床・子ども学科長 福田 達也

 

コース紹介

心理臨床コース

心理臨床コース

人間の感情や態度、思考、行動を科学的視点から理解し、その知見を広く社会に応用できる人材を育成します。

 

保育・幼児教育コース

保育・幼児教育コース

現場の多様な課題に適切に対応し、子どもの保育と保護者支援を担うために、保育者に必要とされるより高い専門性としての知識・技術・判断力等を備え、現場に適応できる保育者を育成します。

 

初等教育コース

初等教育コース

主として児童期にある子どもの教育に必要な知識と技術を学び、その知見を小学校教育の場で発揮できる教員を養成します。

 

心理臨床・子ども学科で取得できる資格

保育士
幼稚園教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状
児童福祉司任用資格
児童指導員任用資格
社会福祉主事任用資格
社会調査士
認定心理士
中学校教諭一種免許状(保健体育・美術)※初等教育コースのみ
臨床心理士 / 公認心理師(大学院修了時受験資格)
産業カウンセラー
障害者スポーツ指導員 など

心理臨床・子ども学科

 

心理臨床・子ども学科卒業後の進路

01保育士、02幼稚園教諭、03小学校教諭、04心理カウンセラー、05児童福祉司、06児童指導員、07社会福祉主事、08社会調査士、09中学校教諭、など

このページのトップへ