ホーム > 人間科学部 > 心理臨床コース

心理臨床コース

心理臨床コース

 

学校や病院、企業において「人のこころ」の問題解決をサポートするカウンセラーの存在が求められてきています。心理学の基礎から応用まで幅広く学び、人間を理解し社会で応用できる力を身につけます。他コースの授業を履修することで、保育士資格や小学校教諭一種免許状の取得も可能です。

 

心理臨床コース

 

心理臨床コースの3つの特徴


臨床心理以外の心理学も幅広く学ぶ

心理学には臨床心理学以外にも社会心理学など、いろいろな心理学があります。心理臨床コースでは、基礎から応用分野まで、心理学の幅広い領域をバランスよく学ぶことができます。また、「コミュニケーションの心理学」に代表されるように、さまざまな科目においてコミュニケーション能力の向上を目指します。


 

 


教員免許取得も可能

心理臨床・子ども学科のほかのコースの授業を修得することで、保育士資格や幼稚園教諭一種免許、小学校教諭一種免許が取得できます。


 

 


大学院進学もサポート

大学院への進学を志望する学生には、正課の授業以外にも進学指導を実施しています。 ※本学では『臨床心理士養成の第1種大学院』を併設しています。さらに公認心理師(国家資格)の取得カリキュラムの準備もすすめていきます。

 

 

心理臨床コースの授業ピックアップ!

コミュニケーションの心理学

コミュニケーションの心理学

私たちは様々な方法でコミュニケーションをおこないながら人間関係を作っています。この授業では、「コミュニケーション」をキーワードに、心理臨床コースの全教員が、それぞれの心理学的視点からオムニバス形式で講義をおこないます。

 

 

臨床心理学

臨床心理学

臨床心理学は心理学的理論と方法を用いて、その人らしく生きていけるよう支援する学問です。授業では知識の修得だけでなく、自己と他者との関係を客観的に見つめ、さらに共感性を高め、人とのかかわり方を身につけることを目指しています。

 

 

 

心理臨床コースで取得できる資格

認定心理士(心理調査)
社会調査士
保育士資格
幼稚園教諭一種免許
小学校教諭一種免許
保育心理士(二種)
産業カウンセラー(大学卒業後の資格)
臨床心理士 / 公認心理師(大学院修了時の受験資格)など

認定心理士と臨床心理士の違い

認定心理士とは、4年制大学を修了した人を対象に、心理学の専門家として必要最小限の知識と技能を有していることを証明する資格です。所定の単位を修得すれば資格取得が可能です。臨床心理士とは、臨床心理学の実務に従事するために必要な資格です。本学をはじめとする大学院臨床心理学専攻の修士課程修了後、所定の臨床心理士資格試験に合格すると取得できます。臨床心理士とは別に、国家資格として公認心理師が誕生します。なお、産業カウンセラーは、働く人たちを支援するカウンセラーです。心理学的手法を用いて、働く人たちが抱える問題を、自らの力で解決できるように援助することを主たる業務としています。大学卒業後、学科試験を受験し、合格する必要があります。

 

 

心理臨床コース卒業後の進路

01心理カウンセラー、02社会調査士、03産業カウンセラー、04保育士、05幼稚園教諭、06小学校教諭、07保育心理士、など

このページのトップへ