ホーム > 人間科学部 > 心理臨床コース

心理臨床コース

心理臨床コース

 

心理学の幅広い領域についてバランスよく学び、人間を理解し、広く社会で応用できる力を身につけます。

 

心理臨床コース

心理学は人間のもつ感情や態度あるいは行動を科学的に明らかにしようとする学問であり、現代社会のさまざまな分野で必要とされています。なぜならそれは、悩みを抱える人へのカウンセリングやサポートはもちろんのこと、人々の考えや求めるものを知るための道具として役立つからです。心理臨床コースでは、認知心理学などの基礎的な科目から、臨床心理学などの応用分野の科目までをバランスよく学ぶことで、社会の幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指します。

 

心理学って何をするの? 東亜大学にはどんな心理学の先生がいるの? 心理臨床コースってどんなところ?東亜大学の心理臨床コースの教員が、心理学を学びたいと考えるみなさんにメッセージを送ります。

 

心理臨床コースの特徴

  1. 基礎から応用分野まで、心理学の幅広い領域をバランスよく学ぶことができます。
  2. 実験や実習を通じてデータを客観的に眺め、処理する能力を養います。
  3. 「コミュニケーションの心理学」に代表されるように、さまざまな科目においてコミュニケーション能力の向上を目指します。
  4. 自分の現在を見つめ、将来を思い描くためのキャリアサポート科目を支援します。
  5. 大学院への進学を志望する学生には、正課の授業以外にも進学指導を実施しています。
  6. 多くのコース年間行事を通じて、自己と他者の関係を客観的に見つめ、共感性を高め、人との関わり方を身につけます。
  7. 他コースの授業を修得することで、保育士資格や幼稚園・小学校教諭一種免許状が取得できます。

 

カリキュラム

心理臨床コース

 

授業クローズアップ

コミュニケーションの心理学

コミュニケーションの心理学(コース教員)

私たちは様々な方法でコミュニケーションを行いながら人間関係を作っています。この授業では、「コミュニケーション」をキーワードに、心理臨床コースの全教員が、それぞれの心理学的視点からオムニバス形式で講義を行います。

 

 

心理学課題実験

心理学課題実験

前期配当科目である心理学基礎実験で培った知識と技能を基に、心理学の実験を立案して遂行します。文献調査、実験の立案と遂行、結果の発表という一連の作業を通して、卒業研究に必要とされる基礎的技能を修得します。

 

 

臨床心理学

臨床心理学(教授:桾本 知子)

臨床心理学は心理学的理論と方法を用いて、その人らしく生きていけるよう支援する学問です。授業では知識の修得だけでなく、自己と他者との関係を客観的に見つめ、さらに共感性を高め、人とのかかわり方を身につけることを目指しています。

 

 

 

ゼミ紹介

桾本 知子 ゼミ

桾本 知子 ゼミ

ココロと身体の健康をつくる

ストレス社会と呼ばれる現代社会では、軽度抑うつの増加や慢性化、低年齢化が指摘されています。抑うつのレベルは高齢期でもっとも高く、次いで高いのが青年期です。青年期での軽度抑うつは、将来うつ病を発症させるリスクが高いとされています。一方、抑うつは心筋梗塞や狭心症といった心臓病と密接に関連し、心臓病発症の前後に抑うつが生じます。そこで、軽度抑うつを予防すれば、将来的なうつ病発症の予防だけでなく心臓病の予防にもつながると考え、ポジティブな言葉を見て聞くことでココロも身体も健康になるという一石二鳥を狙った研究をしています。ゼミ生の卒業論文研究テーマは基本的に自由です。学生ひとりひとりの興味に応じたオーダーメイドのゼミです。それぞれの興味を引き出し、共に深めていくことで、各自の自己成長力の向上を図ります。

 

具志堅 伸隆 ゼミ

具志堅 伸隆 ゼミ

スピリチュアリティを科学する

人間は社会的な動物です。他者や社会と結びつき、互いに影響を与え合いながら生きています。人々の間で苦楽を覚え、人々の中で救済されています。社会心理学は、そんな人と人との関わり合いの中で生じる様々な心理を科学的な視点から分析する学問です。私が現在特に力を入れて研究しているのは「人間の信仰心・スピリチュアリティ」です。といっても決して怪しい世界の話ではありません。「自分は宗教なんか信じない」という人でも、神社やお寺にお参りしたり、困ったとき神様に願いごとをする人は多いでしょう。目に見えない不思議な力を敬ったり、頼ったりするのは人類共通の心理なのです。私は、様々な調査や実験を通して、信仰心の中にある心理的なメカニズムや、信仰心がもたらす心理的な効果について明らかにしようとしています。

 

桑野 裕子 ゼミ

桑野 裕子 ゼミ

こころの声に耳を傾ける

臨床心理学は、心の問題や悩みを抱える人々を援助する方法や、心の健康を維持するための工夫などについて考える学問です。その中でも私は、こころとからだのメッセージに耳を傾ける「フォーカシング」という方法を研究しています。フォーカシングでは、自分が抱える問題や悩みについて、からだがどのように感じているかに注意を向けていきます。そしてそこから得られるメッセージを受け取ることにより、問題の解決や悩みの解消を目指していきます。卒業論文は、たくさんのエネルギーと時間をかけて取り組む、大変な作業です。だからこそ、ぜひ自分のこころに耳を傾けながら、本当に自分らしいテーマを見つけ、納得がいく論文を書き上げて欲しいと思っています。

 

鍋田 智広 ゼミ

鍋田 智広 ゼミ

記憶と学びの科学

記憶や学びは私達にとって様々な意味をもちます。職場や学校で仕事や勉強をしたり、友人関係を保ったりするだけでなく、自分がどのような人間なのか分かるのも、私達が様々な状況で自分についての記憶を形成してきたからです。記憶や学びが私達がよりよく生きるのにいかに役立つのかについて、授業やゼミでの活動を通して学生の皆さんと一緒に探求していきたいと思います。

 

 

 

 

資格・免許

認定心理士

4年制大学を修了した人を対象に、心理学の専門家として必要最小限の知識と技能を有していることを証明する資格です。所定の単位を修得すれば資格取得が可能です。

社会調査士

社会調査士とは、科学的な調査を行って社会の状態や人々の意識を分析できる人に与えられる資格です。調査計画実施法や社会調査実習などの専門科目を学ぶことで取得できます。研究活動だけでなく、企業に就職して調査・マーケティング活動を行う際に役立ちます。

産業カウンセラー

産業カウンセラーは、働く人たちを支援するカウンセラーです。心理学的手法を用いて、働く人たちが抱える問題を、自らの力で解決できるように援助することを主たる業務としています。大学卒業後、学科試験を受験し、合格する必要があります。

臨床心理士(大学院進学後の資格)

臨床心理学の実務に従事するために必要な資格です。本学をはじめとする大学院臨床心理学専攻の修士課程修了後、所定の臨床心理士資格試験に合格すると取得できます。

 

卒業後の進路

一般企業・公務員

人の心を理解し、分析、判断、行動することは、職場における即戦力にもつながり、就職にも非常に有利。多くの先輩が一般企業で活躍しています。

カウンセラー

大学院に進学して臨床心理士の資格を得た後に、学校や病院、あるいは企業などでカウンセラーとして活躍します。また、児童相談所等の公的機関の心理専門職を目指します。

このページのトップへ