ホーム > 大学院 > 臨床心理学専攻 > 大学院総合学術研究科 臨床心理学専攻

大学院総合学術研究科 臨床心理学専攻

臨床心理学専攻

「こころの問題」を扱うプロフェッショナルの養成

臨床心理学専攻では、臨床心理学に関わるさまざまな理論、知識、技能を習得し、臨床現場で必要とされる対人関係上のマナーを身につけ、さらに心理臨床の現場を体験します。並行して、心理社会的諸問題や臨床心理士の諸活動についての研究とその方法について学びます。

 

博士前期課程

専門性を備えた、医療・教育・福祉などの幅広い分野で活躍できる臨床心理士の育成を目指します。修了生は医療機関、児童養護施設、スクールカウンセラーなどで活躍しています。

臨床心理士受験資格の取得

博士前期課程は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会から、臨床心理士の受験資格に関する第一種大学院の指定を受けています。博士前期課程修了後、直近の臨床心理士資格試験の受験が可能になります。

社会人長期履修制度

博士前期課程では、通常2年のところを3年もしくは4年にわたり通学し、学位取得を目指す社会人長期履修生入学制度を導入しています。働きながら、家事をしながら単位を取得し、修士号を取得し、臨床心理士の受験資格を得ることができます。

 

博士後期課程

臨床心理学分野における指導者の養成、高度の臨床心理実践能力と研究能力を兼ね備えた人材の育成を目的としています。多くの修了生が大学教授として活躍しています。

付属臨床心理相談研究センター

臨床心理学専攻には、臨床心理学的な援助の実習機関として「東亜大学大学院付属臨床心理相談研究センター」が併設されています。地域の方々の心の悩みに対して、心理学的な立場から援助を行う相談機関で、大学院生が本学教員の指導を受けながら、実践経験を積んでいきます。

このページのトップへ