ホーム > 進路・就職支援 > 学生・保護者の皆さまへ > 就職に関するQ&A

就職に関するQ&A

就職に関するQ&A

 

就活はいつからはじめればよいですか?

まず、3年生の前期5月・6月頃から意識を持つことは大切です。そこからビジネスマナーの習得、日頃から新聞を読む習慣付け、業界・企業・職種研究、自己分析、自己PR、筆記試験の対策など・・・早めに手を付け、継続することが一番です。 就職サイトが3年生後期6月・7月くらいから、各社の情報を載せ始めます。それから、いろんな会社にエントリーしつつ、春休みくらいから会社説明会、夏休み頃には筆記試験や面接試験、8月から内々定が出始めるという流れです。(但し、病院や公務員など業界や企業などによって違いますので注意してください)

就職活動のおおまかな流れを教えて下さい。

まずは「自己分析」(3年生の秋、夏期休暇明け)、そして「業界・職種・企業研究」(並行して年末位までがめど)を行います。それから「会社説明会・セミナー参加」があり、「エントリーシート・履歴書の提出」、「筆記試験・面接」が行われ、「内定」となります。 本学では、この流れに沿って、3年生後期から「キャリアプラン実践講座」という授業を開講しています。3年生は是非この授業を受講し、みんなに後れを取らないようにしっかりと就職活動に臨んで欲しいと思います。

就職活動はどうすればいいのですか?

まずは、自分の考える就職や人生に早くから向き合い、じっくりと考えることからです。それによりキャリアプランや人生設計が変わってきます。何事もそうですが、準備が最も大切です。まずは、自己分析、業界・企業・職種研究をしっかりと行ってください。就職活動においては、これが最低限の準備になります。また、キャリアセンターではキャリアガイダンスと題して、就職関連の情報を提供するためのガイダンスを就職活動の流れに沿って行っています。案内は掲示板や配信メールサービスなどを通して行っておりますので、積極的に参加してください。

アルバイトは、就活しながらも続けることはできますか?

本音を言わせてもらえれば、就職活動一本に絞ることがベストです(特に4年生)。 就活は、思った以上に時間が不規則です。合同説明会などは決まった日程であるので大丈夫ですが、個々の企業を受けていくと、急に次の試験の日程が発表されたりすることも多々あります。こちらが学生であり、学校があることも理解していますから多少の日程の変更は可能でしょう。しかし、それが繰り返されるようであれば、先方もこちらの入社の意思に疑いを抱くでしょう。 しかし、現実には生活もあり、アルバイトを辞めることは難しいという学生が多いと思います。ですので、事前に経営者に就活をすることをちゃんと伝え、相談の上、出勤日数や時間を減らしてもらい、アルバイト先に迷惑を掛けないようにしましょう。

就職に関する情報はどこから得たらよいですか?

就職に関する情報といえば、やっぱり基本は就活サイトになります。 就活サイトには企業の情報が載っていることはもちろん、就活自体に関する情報や合同説明会などのイベント情報などもたくさん載っています。 ただ、企業によっては就活サイトを通さずに自社のホームページだけから直接募集している場合もあります。そういう企業を受けるには、自分で企業のホームページに行って、直接採用情報をチェックする必要があります。 いずれにしろ、こまめなチェックが必要です。

公務員と民間企業の就職活動は両立できますか。

両立できるかできないかは本人の努力次第です。難しい点は、スケジュールの調整です。大手企業の会社説明会は3月頃から始まるのに対して、公務員は5月頃から試験が始まります。両立させるには早い時期から公務員試験対策に取り組んでおく必要があります。

 


東亜大学では職場の即戦力となりうる有用な人材を育成しています。

お問い合わせ 東亜大学キャリアセンター(就職部)
       TEL 083-256-1111(代表)/083-257-5016(直通)/Eメール

このページのトップへ