ホーム > 進路・就職支援 > 学生・保護者の皆さまへ > 就職活動の注意事項

就職活動の注意事項

就職活動の注意事項(事務手続き・提出物)

就職活動は、皆さんひとりひとりの活動であると同時に、東亜大学の学生としての活動でもあり、企業等の社会団体に対する行為という意味では、社会的活動でもあります。従って、そこには学内のみならず、学外の社会的ルールの制約があります。
就職活動に伴う事務手続きは、このような理由から正確さと期限の厳守が要求されます。就職の心構えをしっかり認識し、下記書類については特に正確かつ速やかな提出をするようにしてください。

 

就職の心構え

東亜大学では、職業安定法第33条の2「学校等の行う無料職業紹介事業」に基づいて、就職を希望する学生ならびに卒業生に対して、就職紹介及び就職指導を行う就職部及びキャリアセンターを設置しています。

就職を希望する学生は、必ず所定の手続(就職・進路登録票の提出など)をしなければなりません。

手続をしない学生には就職を斡旋することができませんのでお気を付け下さい。

就職が内定した場合は、ただちにキャリアセンターに届け出て下さい。

また就職以外の進路(進学・留学等)が決まった場合も同じく届け出て下さい。

内定については、原則として最初に内定したところを就職先として優先させてください。

重複内定の放置、就職シーズン終了後の内定辞退は、内定先に多大の迷惑をかけるばかりか、本学への不信を招き、後輩の就職活動に深刻な影響を与えるので、くれぐれも謹んで下さい。また、内定を辞退しなければならない場合は必ずキャリアセンターに報告し、くれぐれも失礼のないように慎重な態度で臨んでください。

公務員試験や教員採用試験を受験した場合は、その結果をキャリアセンターに報告してください。

 

進学、留学、自営、フリーター、就職の意志がない場合などもキャリアセンターに報告してください。

報告にあたっては、下記書類にて定められた期間内、または速やかに提出してください。

 

就職・進路登録票

大学卒業後に、就職を希望する皆さんにとって、最も基本的かつ重要な手続が、就職・進路登録票の提出です。この手続をしていない学生には就職の斡旋ならびに進路相談にも応じられませんので、定められた期日に必ず提出して下さい。
3年生後期のガイダンスで配布し、提出に関する説明を行いますので指示に従ってください。

 

進路状況報告書

企業からの内定が出たら、1週間以内に進路状況報告書に必要事項を記入してキャリアセンターに必ず届け出てください。内定が決まったことをキャリアセンターで把握していないと、企業に対しての対応が十分にできず迷惑をかけることになります。

進路状況報告書

 

進路決定届

内定通知書を受け取り、誓約書を提出した場合は、進路が決定したことになりますから、その時点で速やかに進路決定届けをキャリアセンターに提出しなければなりません。
また、卒業生の皆さんも卒業後、就職等が決まった場合には届出をお願いします。

進路決定届フォーマット

 

採用試験報告書

受験先からの最終結果が出た時点で、受けた採用試験の内容を報告してください。

 

就職活動報告書

進路決定届提出時に、お渡しします。皆さんから頂いた報告書を元に、在学生に対して就職活動の実態をお伝えしています。

 

欠席届

就職活動における、企業訪問・企業説明会等への参加や、採用試験のための授業欠席は、「欠席届」を提出し承認を得ることが必要です。その場合は内容のわかる書類を欠席届に添付しなければなりません。

 


東亜大学では職場の即戦力となりうる有用な人材を育成しています。

お問い合わせ 東亜大学キャリアセンター
       TEL 083-256-1111(代表)/083-257-5016(直通)/Eメール

このページのトップへ