ホーム > 進路・就職支援 > 本学のキャリア教育 > インターンシップ

インターンシップ

インターンシップについて

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が在学中に企業などで一定期間、就業体験を行う教育システムです。インターンシップに参加することにより、学生と企業との溝を埋め、ミスマッチを減らすことが出来ます。本学では激変した採用・就職環境に対応すべく、インターンシップに積極的に取り組み、単位認定しています。

メリット

企業にとっては、優秀な学生の早期発見、採用、そして入社後の社員の定着率向上=離職率の抑制が期待できます。
学生にとっては、就職後の社会への適合性のアップ、大学で学んだことの実践により、その応用が具体的にイメージ出来、今後の学習方針が得られるなどが挙げられます。

フォロー体制

本学では、インターンシップに参加する上で、筆記試験や面接、挨拶やマナー講習などを行い、しっかりと指導を行ってから送り出しています。また、インターンシップを終え、単位取得に至った学生による報告会も開催し、後輩たちに体験談を伝えてもらっています。

体験談

コミュニケーションは、人と人とをむすびつけるための大切なものなので、会員の方とコミュニケーションをとるのはもちろんのこと、仕事の仲間ともコミュニケーションを取ることで、仕事もスムーズに進めることができることを学びました。

(スポーツトレーナーに関わる実習 男子)

あいさつにおいても、しっかりと笑顔で歯を見せ、はっきりと大きな声でできるかどうかを大学生活でも活かすことができると思う。

(スポーツトレーナーに関わる実習 男子)

実習を行った結果、今までよくわからなかった仕事を身近に感じることができ、仕事に対する印象も良くなった。また、実習先に人々と接することで、自分はビジネスマナーや敬語ができていないことがわかったので、就職するまでに改善しておきたい。

(NPO活動・情報・調査に関わる実習 女子)

初対面の人に対しても大きく元気な挨拶を心がけていきたいと思います。初日に緊張して声があまり出せなかったためです。大学生活では、日頃の身だしなみからしっかりと気を付け、初対面の人には特に挨拶を大きく元気な声で出来るように心がけていきたい。社会人としてしっかりとした態度ができるようにしていきたい。

(ブライダル・ソフト開発に関わる実習 男子)

 


東亜大学では職場の即戦力となりうる有用な人材を育成しています。

お問い合わせ 東亜大学キャリアセンター(就職部)
       TEL 083-256-1111(代表)/083-257-5016(直通)/Eメール

このページのトップへ