ホーム > キャンパスライフ > 学生組織 > 学生組織・TSC

学生組織・TSC

学生組織・TSCについて

 

Toua Student Conference(TSC)は、学生生活を充実させ、学生間の交流を図り、また大学生活に学生の意見を反映させることを目的として結成された学生の自主的組織です。TSCは、大学行事へ積極的に参加するとともに、大学生活に対する学生のニーズを吸い上げ、実現していく活動を展開していきます。東亜大学の学部生は全員TSCの会員となります。TSCへの学生の皆さんの積極的参加を期待します。

TSC会則

 

キャップ会議

クラブ活動は、大学教育の一環として、学生の教養の向上、自主性・自立性の涵養、社会性の育成を目的として行われるものです。
この活動には、大学が認めた、学生による、文化ならびに体育関係の団体活動一切が含まれますが、これが、教育的であってかつ学生にとって、充実した活動となるには、大学の教育方針と学生の意向の調整が図られなければなりません。クラブキャップ会議は、このような調整のための会議ですが、一方で、それぞれのクラブが互いの活動を理解し、連携を深めながら、主体的に係わってクラブ運営を深めていくものです。毎月1回、各クラブの代表者とその代表的メンバーであるクラブ活性化委員会のメンバーと大学の学生指導に係わる関係者が一同に会して会議を開催しています。

 

クラブ活性化委員会について

クラブ活性化委員会は、学生の主体的な取り組みによる課外活動の活性化と、クラブサークル間の交流を図る目的で行われる、学生による主体的な委員会です。 
本委員会は、クラブキャップ会議のメンバーを母体として選出された役員を中心に、規約を定めて活動しています。主な事業は、規約に示すように、会議の開催(クラブ活性化委員会議、クラブキャップ会議)、新年度クラブ紹介、応援壮行会の主催、クラブサークル環境の整備促進です。

クラブ活性化委員会規約

サークル設立条件

第15条
 サークルを新規に設立するには、次の各号を満たさなければならない。
 (1)部員5名以上、顧問1名を最低人数とする。
 (2)上記をみたしたら、クラブ活性化委員会に「サークル発足願」の書類を提出する。

サークルからクラブへの昇格条件

第16条
 次の各号をすべて満たしていて「昇格願」を出したサークルは、クラブ活性化委員会で合否を決める。
 (1)発足して3年間経過したサークル。
 (2)必要提出書類を出しているサークル。
 (3)部員が5名以上で顧問が1名いるサークル。

クラブ・サークルの休部

第17条
 次の各号のいずれかを行ったクラブ・サークルは休部とみなす。
 (1)1期間全て「月間活動報告書」の未提出。
 (2)休部届けを出した、クラブ・サークル。

クラブ・サークルの廃部

第18条
 次の各号のいずれかを行ったクラブ・サークルは廃部とみなす。
 (1)2年間全て「月間活動報告書」の未提出。
 (2)廃部届けを出した、クラブ・サークル。

 部員が不祥事を起こした場合、休部・廃部等の何らかの処罰を受ける。 

このページのトップへ