ホーム > キャンパスライフ > 学生生活支援 > ひとり暮らし|学生生活

ひとり暮らし|学生生活

【実体験!】地方から下関へ。女子大生ひとり暮らしは大丈夫?

東亜大学では、ひとり暮らしをしながら、勉強をがんばっている学生がたくさんいます。今回は、大学に入ると同時に、地方から下関に来たトータルビューティ学科の女の子のリアルなお話しを紹介します。その女の子とは、高知県(土佐塾高校)出身の上村美乃さん。話しを聞くと、入学した4月はひとり暮らしをすることに、不安がたくさんあったといいます。大学の授業についていけるのか、新しい環境になじめるのか、ひとりでの生活を無事におくることができるのか。不安や悩みが、たくさんあったようです。ですが、いまではひとり暮らしを楽しみつつ、勉強や資格取得に励んでいるのだとか。上村さんの学生生活を参考に、東亜大学での学生生活をイメージしてください。

ひとり暮らし

ひとり暮らしをはじめる前は、ワクワクするひとが多いかもしれません。でも、じっさいにひとり暮らしをはじめてみると、上村さんは「これからここで、ひとりでやっていけるのかな」という不安とさみしさでいっぱいだったといいます。

ひとり暮らし

 

 

たしかに、入学したばかりの頃だと、まだまだ友達も知り合いもいなくて、さみしいですよね。それに、講義が終わって家に帰っても、自分で料理をしないと温かいご飯を食べることもできません。でも、ひとり暮らしをはじめたことで、親のありがたさや友達とのつながりの大事さを学べたんだとか。ご両親としては、ひとり暮らしをさせたかいがあったというところではないでしょうか。

 

 

ちなみに、ひとり暮らしをはじめるにあたって気になるのは、その生活費。上村さんの生活費は、アルバイト収入がおよそ6万円。ご両親からの直接的な仕送りはなく、その代わりに家賃(3.5万円)の支払いとお米や野菜を実家から送ってもらうことをお願いしているのだとか。そして支出はというと、携帯代がおよそ1.2万円、食費が1.5万円、光熱費が1.2万円、日用品が5,000円、そのほか化粧品や洋服の費用が2〜3万円なんだそう。つまり、およそ9万円(仕送り含む)が生活費となります。

ひとり暮らし

上村さんは、トータルビューティ学科のホスピタリティビジネスコースで、美容やファッションを「もてなし」や「ビジネス」という視点から学んでいます。そのため、どうしても日ごろの生活のなかで化粧の新商品やファッションが気になってしまい、ついつい自分でも試したくなって、化粧品や洋服の費用がかさんでしまうのだとか。

それでも、全国大学生活協同組合連合会の調査によれば、2016年のひとり暮らしの学生の1ヶ月の生活費(平均)が117,610円(仕送り額は、70,610円)ということから考えると、下関はひとり暮らしにともなう経済的な負担が軽い地域といえます。

 

東亜大学がある下関市は、本州最西端の町。古くから韓国をはじめとするアジアの国々と、交流が盛んです。下関港から韓国・釜山へのフェリーが毎日出ているため、週末に韓国旅行に出掛ける学生もいるほど。上村さんは、韓国ともまではいかないものの、週末は福岡市の天神(博多駅まで新幹線を使えば、大学から25分)に、洋服やアクセサリーを買いによく行くのだとか。

ひとり暮らし

 

学生のなかには博多でバイトをするなど、下関は都会に近く、しかし大学のある周辺は自然豊かで落ちついて勉強することができるという、大学生活を過ごすには絶好のロケーション。上村さんが講義終わりに友達とお茶をする、「アロハダイニング メネフネ」や「アンシャーリーカフェ」といったステキなカフェもあります。

 

 

ひとり暮らしをすることの不安や悩み、東亜大学で大学生活をはじめることへの心配は、上村さんもたくさんあったといいます。上村さんは、まずはオープンキャンパスに来て、実際に自分の目で4年間学ぶことになる大学やその周辺を見て欲しいといいます。そして、そこで在学生の先輩たちと話をすることで、具体的な生活のイメージをつかむことが、ひとり暮らしを楽しくさせる秘訣といいます。

東亜大学は、少人数教育をおこなっています。一人ひとりの顔が見えることは、勉強におけるきめ細やかな指導というだけではなく、4年間のひとり暮らしを見守ることにもつながっているんです。

ひとり暮らし

 

■学生寮

東亜大学には、初めて渡日する留学生を対象とした寮や、スポーツ健康学科アスリート養成コースなどで強化クラブに所属する学生を対象とする寮があります。学生寮については、留学生サポート室もしくは学生支援室、各強化クラブ担当者までお問い合わせください。

 

■アパートの情報

東亜大学では、貸主から直接依頼があった情報のほか、大学周辺の物件で、学生向け下宿・アパートの提供の申し入れがあった事業者等のリストを、学生支援室でお渡ししています。また、オープンキャンパスなどでも、受験に際してご希望があればお渡ししていますので、お気軽にご相談ください。

このページのトップへ