ホーム > 芸術学部 > リビングプランニングコース

リビングプランニングコース

建築家やインテリアデザイナーを目指します

リビングプランニングコースでは、空間を生活者の視点で考えます。建築やインテリア、家具といったプロダクトにいたるまで総合的にデザインし、豊かな空間を作りあげる能力を身につけます。また、こころやからだの安心や癒しをもたらす場の提案をおこなうために、設計や技術、デザインはもちろんのこと、コミュニケーション、文化やアートなどを幅広く学びます。

リビングプランニングコースイメージ

 

学びのポイント


これからの暮らしの在り方について考えます。

インテリアや空間のデザインのために、まず人が住まいや店舗といった空間に何を求めているのかを分析し、生活文化の歴史的背景などについても考えます。


 

 


実制作を通してプレゼンテーションをおこないます。

様々なスケールで実際に制作をおこない、豊かな表現を生み出す感性を育てます。


 

 


国内外での実習から多様な価値観を学びます。

気候風土や歴史文化によって住まいに対する見方・感じ方は色々です。そのため、多様な生活のあり方を学ぶために、欧米やアジア諸国を訪ねる機会(海外研修やインターンシップ)を用意しています。

 

 

リビングプランニングコースイメージ

 

リビングプランニングコースの授業ピックアップ!

家具のデザイン制作

家具のデザイン制作


人間工学などを踏まえて、椅子のデザインと設計をおこないます。素材の特性を生かし、実際にものをつくることを通して、デザインついて考えます。

 

住宅の設計

住宅の設計


住宅の設計を通じて、周囲の環境を生かした創造的なデザインの提案や快適なインテリア空間のあり方について考えます。

 

海外研修

海外研修


空間デザインで大切なことは、その空間を自分自身で体験することです。ル・コルビュジエ設計のサヴォワ邸やロンシャンの礼拝堂、オーギュスト・ペレ設計のランシーの教会などを海外研修で見学し、そのエスプリ(精神)を自分のデザインに生かす方法を模索します。

 

卒業論文・卒業制作

卒業論文・卒業制作


住宅や店舗の設計、インテリアや家具のデザインなど、各自が自由にテーマを設定し、卒業論文の執筆や卒業制作をおこないます。

 

リビングプランニングコースで取得できる資格

二級建築士(国家試験受験資格)
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター など

 

卒業後の進路

01建築士・建築家、02インテリアコーディネーター、03空間デザイナー・プロデューサー、04家具デザイナー、05キッチンプロデューサー、06福祉住環境コーディネーター、07リフォームアドバイザー、08店舗デザイナー、09照明デザイナー、など

このページのトップへ