ホーム > 芸術学部 > ビジュアルデザインコース

ビジュアルデザインコース

ビジュアルデザインコース

 

人間生活を豊かにする「良質なデザイン」を探求する。

 

コースの特徴

  1. 実社会で活かせる発想力や表現技術・知識を身につけたデザイナーやクリエイターを目指します。
  2. 地域企業と連携した広告や商品開発に取組みながら、実践的なデザイン制作を学びます。

 

カリキュラム

ビジュアルデザインコース

 

授業クローズアップ

グラフィックデザイン

グラフィックデザイン(教授:吉光 純也)

デザインの現場で活きる発想力や技術・知識を習得します。コーポレート・アイデンティティをはじめ、広告や商品開発のデザインに取り組んでいますが、自分で新しいマスコットキャラクターなども描きながら作品に活用しています。全国公募の新聞広告賞にも毎年応募したり、地域企業などからの依頼によるデザイン制作など実践的な経験もできる授業です。

 

 

情報デザイン

情報デザイン(教授:吉光 純也)

Webデザインを学びます。グラフィックデザインの課題と連動して、商品企画でのパッケージデザインや広告を制作した後にその商品のホームページデザインに取り組み、実践的な能力が身につくよう指導しています。卒業後にプロとして即戦力になるよう、デザインの現場で使われているアプリケーションを複数駆使した授業です。

 

 

立体CG演習

立体CG演習(非常勤講師:兼森 薫)

イメージを的確にリアルな立体表現へと展開させるために、デザインツールとしての3D/CAD・CGの操作方法を習得します。各自のデザイン活動において、より創造性の幅を広げていけるよう、基本操作から3Dモデル化した商品デザイン提案までの演習を行います。

 

 

資格・免許

  • CGクリエイター検定やマルチメディア検定に挑戦することにより、デジタルデザインの基本を身につけます。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)高校教諭一種免許状(美術、工芸)を取得し、造形表現のさまざまな領域について、高い実践的指導力を持つ教員を目指します。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)と併せて、小学校教諭一種免許取得が可能です。(人間社会学科子ども発達コースの必要科目を履修します)
  • TOEICテストへの挑戦により、国際的コミュニケーション能力と、デザインのプレゼンテーションを英語で行える能力を身につけます。

卒業後の進路

  • グラフィック系:広告代理店・デザイン会社・印刷会社・出版社等
  • 映像系:CMプロダクション・アニメプロダクション・映像制作会社
  • デジタルコンテンツ系:Webデザイン会社・ゲーム制作会社・CGプロダクション
  • 教員:中学校美術教員、高校美術・工芸教員、小学校教員
  • アーティスト
  • デザイナー:グラフィック、インテリア、セラミックなど
  • 教育・文化事業のプランナー

このページのトップへ